Skip to content
Htkyama Blog

Gitの基本操作

Git1 min read

Gitの基本的な使い方。 よく使うコマンドを中心にメモ。

リモートリポジトリからファイルを取得する

  • git clone: リモートリポジトリのファイルをまるごとコピー

ローカルリポジトリを最新化する

ローカルのリポジトリとブランチ(ファイル)は別であることに注意。

  • git fetch: ローカルリポジトリを最新化
  • git merge: ローカルのmasterブランチのファイルを最新化
  • git pull: git fetch + git mergeを一度に行う

ローカルのファイルを更新する

ローカルのファイルをgit addでgitのインデックスに登録。
ファイルを更新して登録する場合もgit addを実行。

  • git add .: カレントディレクトリ内のファイルを全て登録
  • git add -A: 追加・変更のあったファイルを全て登録
  • git add -u: 変更のあったファイルを全て登録(新しく作成されたファイルは除く)

更新したファイルのコミット

git addでインデックス登録されたファイルを、git commitによりリポジトリに登録する。

  • git commit -a: 変更のあった全てのファイルをコミット

更新したローカルファイルのリモートリポジトリへの反映

originはリモートを指す。masterはデフォルトのメインブランチ。

  • git push origin master: リモートのmasterを更新
  • git push origin [branch名]: リモートの指定したブランチを更新

ブランチの操作

HEADは今いるブランチ。

  • git branch [branch名]: 新しいブランチの作成
  • git checkout [branch名]: ブランチへの移動
  • git branch: ブランチの表示
  • git branch -a: リモートも含めたブランチの表示

masterブランチと他ブランチとのマージ

masterブランチにcheckoutした後に、他ブランチをマージする。

  • git merge [branch名]: ブランチをマージ

developブランチの内容をmasterブランチにマージして、リモートにプッシュする例。

$ git checkout master
$ git merge develop
$ git push origin master
© 2020 All rights reserved.
RSS